外壁塗装、屋根塗装は1級建築塗装技能士が在籍する塗装業者が安心

外壁塗装や屋根塗装は、風雨にさらされるので経年劣化します。家屋の部位により使用される塗料の耐用年数に違いはありますが、3年から10年程度とされています。前回の塗装から、目安としてこのぐらいの期間が経過したら塗装の状況を専門家にチェックしてもらうといいでしょう。

外壁塗装と屋根塗装

カラフルな外壁の家

外壁の塗装や屋根の塗装は、時が経つと劣化していきます。家屋に使用されている塗料の種類は、場所により異なるものが使われています。そのため、一概に塗装の塗り替え時期を経年だけで判断することはできません。専門家に塗装の状態を判断してもらい、傷みが見えていたら再塗装しましょう。

外壁や屋根のトラブル解決は急ぎで

ひび割れた塗装

外壁や屋根のトラブルは放置していても症状が進行するばかりでいいことは何もありません。日本は湿気の多い気候です。家屋の内部まで傷みが進行すると、塗装だけでは修復することはできません。外壁の塗り替え時期はよく10年周期と言われます。日頃から屋根や外壁を眺めるように心がけ、何か不安な点を感じたら専門家に調査を依頼するといいでしょう。風雨や紫外線から常に家屋を守っている塗装は、時間が経てば必ず劣化します。

塗り替えのサインについて

ペイントローラー

外壁や屋根の塗装が劣化してくると、さまざまな「傷みのサイン」が見えるようになります。代表的な「傷みのサイン」をご紹介します。

ひび割れや剥離

塗料にはそれぞれ特性があります。外壁によく使用される、弾性の強い塗料は、年月を経て劣化することで弾性が失われていきます。この弾性が失われると、塗装面にひびが入ったり、剥がれたりという症状が現れます。雨水等が侵入して劣化している可能性も考えられます。

コケや雑草

外壁がうっすらと緑がかって見える「コケ」。外壁にただ色が付いているだけのようにも見えますが、コケは見かけによらず強力です。放置しておくと塗装面の傷みがどんどん進行するので、高圧洗浄をかけるといいでしょう。外壁に雑草が生えている場合は、既にコーキング切れなどで外壁が傷んでいるものと考えられます。専門家に調査を依頼しましょう。

チョーキング

チョーキングは、外壁を触るとチョークの粉のような物質が手に付着する状態を言います。外壁を指先でさらさらと擦るように触ってみてください。粉状の物質が付いてきたら、それは外壁に傷みが出ているサインです。既に経年の疲労で水分を弾いていない可能性があるので、専門家に点検を依頼しましょう。

サビ

屋根や外壁に取り付けてある金属の配管は塗装されていますが、その塗装面にサビが浮き上がっていることがあります。速やかに再塗装、もしくは交換の必要があります。

外壁を塗装せずに放置すると…

朱色のペンキ

外壁や屋根に出るさまざまな塗り替えサインを放置すると、家屋は大きなダメージを受けます。

防水能力が低下

外壁や屋根の傷みを再塗装せずに放置すると、雨や湿気がジワジワと侵入し、家屋自体の耐久性を損ないます。

内部の腐食と劣化

外壁や屋根の傷みを放置し、水分がしみ込んでいくと、内部が劣化していきます。この段階に入り、傷みが進行すると、外壁そのものが剥がれ落ちる可能性もあります。

コンクリートも弱る

硬く丈夫なコンクリートも、水分が入り込み、傷みが進行することで脆くなっていきます。この段階まで来ると、木材にも影響が出ている可能性が高いので、家屋全体の強度が落ちていると考えられます。断熱性も著しく低下しているでしょう。雨漏りも発生します。

塗装技能士

ペンキにシンナーを混ぜる男性

外壁や屋根を塗装する職人。彼ら職人の技術力の目安として国が定めている資格、すなわち「国家資格」です。塗装関連の試験(学科と実技)が行われ、3級、2級(中級)、1級(上級)があります。試験は「木工塗装作業」「金属塗装作業」「噴霧塗装作業」「鋼橋塗装作業」、そして「建築塗装作業」の分野別に行われます。

建築塗装技能士1級

塗装技能士の中でも、1級の資格を取得している職人さんは、卓越した技術と塗装の知識を持つ、プロ中のプロです。1級の受験資格が「7年以上の実務経験」ですから、それなりの経験を積んだ職人さんだけが取得可能な狭き門なのです。

建築塗装技能士1級の資格を所持する職人さんは、外壁や屋根を塗装する専門家です。最近は塗装業界に新規参入するビジネスも多いようですが、腕の確かな職人さんを集めているのかというと、やはりその辺りは不透明です。実際に外壁塗装や屋根塗装を業者に依頼するのであれば、一級塗装建築技能士が在籍する業者を選ぶに越したことはありません。

家屋に関する資格には「雨漏り診断士」や「外装劣化診断士」というものがありますが、これらは民間団体が検定を実施しているもので、国家資格ではありません。建築塗装技能士1級では、「塗装に関連する法規」や「安全衛生」などの知識が問われます。さらに約5時間にわたる実技試験が行われます。民間団体が実施する検定とは違い、豊富な実務経験と共に、塗装に関する一般教養、そして家屋に関する教養を身につける必要があるのです。

塗装に関する唯一の国家資格である「塗装技能士」。中でも1級は、知識と経験、技術の三拍子がそろった職人さんだけが持つ信頼の証です。

地元の塗装屋に検査や作業を依頼する

外壁色の選択

最近は、ひじょうに広い範囲でサービスを提供している塗装業者が増えてきました。ただ、家屋の塗装の場合は、さまざまな理由で、なるべく同じ地域にある塗装業者がおすすめです。千葉県内の家屋なら千葉県内の業者に依頼、といった感じです。地元の塗装業者に作業を依頼するメリットについて考えてみましょう。

工事費用を抑えられる

同じ地域にある塗装業者に作業を依頼することで、作業の費用を抑えることができます。これは、全国展開しているリフォーム業者等の場合、作業を下請け業者等に回すことで、よけいなマージンが発生するからです。地元の塗装業者に依頼すれば、作業は業者自身で行いますので、よけいな費用がかかりません。

スムーズな作業の流れ

外壁等に不安な箇所が見つかった場合、まずはその不安箇所の調査をお願いすることになりますが、地元業者の場合、この調査から見積もり・提案、そして施工という一連の流れがスムーズに進みます。全国展開のリフォーム業者等の場合、下請け業者が施工することが多く、打ち合わせ通りに施工が進まないなどのトラブルが発生することがあります。

困ったときの安心感

困ったときの安心感。施工中や施工後に何らかの問題が発生しないとも言えません。塗装業者までの距離が近ければ、すぐに対応してくれます。関東広域など、ひじょうに広い範囲に展開している大手リフォーム業者等の場合は、なかなかこうはいきません。

千葉県の外壁塗装・屋根塗装は正一塗装

壁塗装

正一塗装は、千葉県市原市を中心に、広域で施工を行っている、外壁や屋根塗装のプロフェッショナルです。経験と確かな技術で、お客様に満足していただける施工を行っています。外壁塗装、屋根塗装のほか、高圧洗浄やシーリング工事も行っているので、外壁等にお悩みをお持ちの方は相談してみるといいでしょう。現地調査と見積もりは無料で行っています。ご紹介している塗り替えサインが見えるようでしたら、正一塗装に現地調査を依頼することをおすすめします。

正一塗装の現地調査

千葉県市原市を中心に広域で施工を行っている正一塗装では、ご自宅の不安箇所の現地調査を行っています。専門家の視点で必要な施工について分析します。